研究発表



2017年度

著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


2016年度

著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


2015年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


2014年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


2013年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


2012年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

  • R. Cazabet, H. Takeda, M. Hamasaki and F. Amblard: Using dynamic community detection to identify trends in user-generated content, Social Network Analysis and Mining, Vol. 2, No. 4, pp. 361-371 (2012). (Paper)

国際会議

  • K. Kurakawa, H. Takeda, R. Shiozaki, S. Morimoto and H. Uchijima: Researcher Identifiers and National Federated Search Portal for Japanese Institutional Repositories, in The 7th International Conference on Open Repositories (OR2012), Edinburgh, UK (2012).
  • K. Yamaji, T. Aoyama and H. Takeda: A Handshake System for Japanese Academic Societies and Institutional Repositories, in The 7th International Conference on Open Repositories (OR2012), Edinburgh, UK (2012).
  • K. Eto, M. Hamasaki and H. Takeda: Wedata: A Wiki System for Service Oriented Tiny Code Sharing, in 8th International Symposium on Wikis and Open Collaboration, Linz, Autria (2012).
  • F. Matsumura, I. Kobayashi, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Producing and Consuming Linked Open Data on Art with a Local Community, J. F. Sequeda, A. Harth and O. Hartig eds., Proceedings of the Third International Workshop on Consuming Linked Data (COLD 2012) (2012), CEUR Workshop Proceedings Vol-905.
  • S. Koide and H. Takeda: Revisiting CLOS MOP, in International Lisp Conference, October 21-24, 2012, Miyako Messe, Kyoto, Japan, pp. 39-52 (2012).
  • R. Chawuthai, H. Takeda, V. Wuwongse and U. Jinbo: A Logical Model for Taxonomic Concepts for Expanding Knowledge using Linked Open Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 7-8 (2012).
  • F. Matsumura, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Generating LOD from Web: A Case Study on Building Integrated Museum Collection Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 23-24 (2012).
  • R. Chawuthai, V. Wuwongse and H. Takeda: A Formal Approach to the Modelling of Digital Archives, H.-H. Chen and G. Chowdhury eds., The Outreach of Digital Libraries: A Globalized Resource Network - 14th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries, ICADL 2012, Taipei, Taiwan, China, November 12-15, 2012. Proceedings, Vol. 7634 of Lecture Notes in Computer Science, pp. 179-188 (2012).
  • S. Joo and H. Takeda: Analysis of Discussion Page in Wikipedia Based on User's Discussion Capability, in 2012 IEEE/WIC/ACM International Conferences on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology (WI-IAT), Vol. 1, pp. 243 -- 247, Macau (2012).
  • A. Kameda, K. Uchiyama, H. Takeda and A. Aizawa: Extraction of Semantic Relationships from Academic Papers using Syntactic Patterns, in The Fifth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKNOW 2013), pp. 32 -- 35, Nice, France (2013).

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

  • H. Takeda: National-wide Repository Network, in COAR General Assembly 2012, Uppsara, Sweden (2012), Confederation of Open Access Repositories (COAR). (Slide)
  • H. Takeda: Researcher's ID in Japan, in ORCID and DataCite Interoperability Network (ODIN) 2012 Kickoff Meeting, Berlin, Germnay (2012).
  • 武田英明Linked Dataにおける識別子とスキーマ, 特別講演, 第28回セマンティックウェブとオントロジー研究会 人工知能学会 (2012).
  • 川島宏一, 坂下哲也, 武田英明, 野原佐和子, 原田英男, 平本健二, 牧田泰一, 村上文洋, 田代秀一オープンデータとオープンガバメント/オープンガバメント実現へ向けて ~その現状と課題~, IPAフォーラム2012 情報処理推進機構 (2012), (パネルディスカッション).
  • 武田英明Linked Dataがつくる新しいデータの世界, グリッド協議会 第37回ワークショップ 公共データのオープン化とクラウド, 東京.
  • 武田英明識別子(ID)が作る新しい学術の世界, 第6回統合認証シンポジウム, 佐賀 (2012).

学会口頭発表

その他

  • H. Takeda: General Introduction for Semantic Web, Linked Open Data, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
  • H. Takeda: Identity and schema for Linked Open Data, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
  • H. Takeda and F. Kato: LOD Application Exemplar, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
  • 武田英明DOIって何?, 第14回図書館総合展関連フォーラム「ジャパンリンクセンター利用説明会 ~DOIで国内の電子学術コンテンツへの永続アクセスを可能に!~」, パシフィコ横浜 (2012), ジャパンリンクセンター.

2011年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

  • M. Hamasaki, M. Goto and H. Takeda: Social Infobox: collaborative knowledge construction by social property tagging, CSCW '11 Proceedings of the ACM 2011 conference on Computer supported cooperative work, pp. 641-644, New York, NY, USA (2011), ACM.
  • K. Aihara, H. Koshiba and H. Takeda: Behavioral Cost-Based Recommendation Model for Wanderers in Town, J. A. Jacko ed., Human-Computer Interaction. Towards Mobile and Intelligent Interaction Environments, 14th International Conference, HCI International 2011, Orlando, FL, USA, July 9-14, 2011, Proceedings, Part III, Lecture Notes in Computer Science Volume 6763, pp. 271-279, Springer (2011).
  • T. Kamura, H. Takeda, I. Ohmukai, F. Kato, T. Takahashi and H. Ueda: Study Support and Integration of Cultural Information Resources with Linked Data, in Proceedings of the Second International Conference on Culture and Computing, pp. 177-178, Kyoto, Japan (2011). (Slide)
  • T. Kamura, H. Takeda, I. Ohmukai, F. Kato, T. Takahashi and H. Ueda: Building Linked Data For Cultural Information Resources In Japan, in Museums and the Web 2011 (MW2011): Demonstrations, Philadelphia, PA, USA (2011).
  • D.-H. Tran, H. Takeda, K. Kurakawa and M.-T. Tran: Combining Topic Model and Co-author Network for KAKEN and DBLP Linking, J.-S. Pan, S.-M. Chen and N. T. Nguyen eds., Intelligent Information and Database Systems - 4th Asian Conference, ACIIDS 2012, Vol. III of Lecture Notes in Computer Science 7198, pp. 396-404, Kaohsiung, Taiwan (2012), Springer.
  • K. Kurakawa, H. Takeda, S. Morimoto, H. Uchijima and T. Sugiyama: Name Disambiguation Approach based on Distributed Authority Files of Japanese Institutional Repositories, in Open Repositories 2011, Austin, Texas, USA (2011).
  • S. Koide and H. Takeda: Common Languages for Web Semantics, L. A. Maciaszek and P. Louco eds., Evaluation of Novel Approaches to Software Engineering - 5th International Conference, ENASE 2010, Athens, Greece, July 22-24, 2010, Revised Selected Papers, Vol. 230 of Communications in Computer and Information Science, pp. 148-162, Springer (2011).

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

  • 武田英明Web時代の識別子と典拠を考える, 情報の科学と技術, Vol. 61, No. 11, pp. 441-446 (2011).
  • 武田英明Linked Dataの動向, カレントアウェアネス, No. 308, pp. 8-11 (2011).
  • 武田英明学会の過去、現在、未来~パリのカフェからFacebook、そして~, 人工知能学会誌, Vol. 26, No. 6, pp. 599-601 (2011).
  • 武田英明, 神嶌敏弘, 木村忠正, 植田憲一, 山川宏人工知能学会25周年特集「四半世紀を超えて」〔第3部〕学会の在り方を考える:全体討論, 人工知能学会誌, Vol. 26, No. 6, pp. 616-625 (2011).

招待講演など

  • H. Takeda: An Introduction to ORCID, in 6th International Conference on Cooperation and Promotion of Information Resources in Science and Technology (COINFO'11), Hangzhou, China (2011). (Slide)
  • 武田英明集合知、再考 ~Webがもたらす新しい価値~, 第19回 Future of Radiology (2011). (Slide)
  • 武田英明共有・再利用のための知のデジタル・アーカイブ, 国際シンポジウム:デジタル化時代における知識基盤の構築と人文学の役割 —デジタル・ヒューマニティーズを手がかりとして— 東京大学文学部次世代人文学開発センター/ 東京大学大学院情報学環メディア・コンテンツ総合研究機構/ 科研基盤A「国際連携による仏教学術知識基盤の形成 — 次世代人文学のモデル構築」 (2011).

学会口頭発表

その他

  • 武田英明Linked Dataによる博物館情報の共有・再利用, 総務省 第5回知のデジタルアーカイブに関する研究会 (2011). (Slide)
  • 武田英明ORCID入門, フォーラム:学術コンテンツサービスの舞台裏, 第13回図書館総合展 (2011).
  • 武田英明オントロジーと特許分類, in Japio YEAR BOOK 2011, pp. 262-265, 一般財団法人 日本特許情報機構 (2011).

2010年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

  • K. Ikawa, T. Fukuhara, H. Fujii and H. Takeda: Evaluation of a TV Programs Recommendation using the EPG and Viewer's Log Data, C. Peng, P. Vuorimaa, P. Naranen, C. Quico, G. Harboe and A. Lugmayr eds., Adjunct Proceedings EuroITV 2010, pp. 182-185, Tampre, Finland (2010), Tampere University of Technology. (Paper)
  • S. Koide and H. Takeda: Common Languages for Semantic WWW - Beyond RDF and OWL, in 5th International Conference on Evaluation of Novel Approaches to Software Engineering (ENASE. 2010), Athens, Greece (2010).
  • Y. Fukami, M. Isshiki, H. Takeda, I. Ohmukai and J. Kokuryo: Specification Patent Management for Web Application Platform Ecosystem, M. Zaman, Y. Liang, S. M. Siddiqui, T. Wang, V. Liu and C. Lu eds., E-business Technology and Strategy, International Conference, CETS 2010, Ottawa, Canada, September 29-30, 2010. Proceedings, Vol. 113 of Communications in Computer and Information Science, pp. 269-280, Springer (2010).
  • H. Wu, T. W. Ling, L. Xu, H. Takeda and M. Hamasaki: An Adaptive Ontology-based Approach to Identify Correlation Between Publications, in Poster Proceedings of 20th International World Wide Web Conference (WWW2011) (2011).
  • K. Kurakawa, M. Takaku, A. Aizawa and H. Takeda: Researcher Name Resolver: A framework for researcher identification in Japan, in The 5th International Conference on Open Repositories (OR2010), Madrid, Spain (2010).
  • K. Yamaji, T. Aoyama and H. Takeda: Repository System WEKO associated with Flash Converter, in The 5th International Conference on Open Repositories (OR2010), Madrid, Spain (2010).

テクニカルレポート

  • L. Xu, H. Takeda, M. Hamasaki and H. Wu: Typing Software Articles with Wikipedia Category Structure, Technical Report NII-2010-002E, National Institute of Informatics, Tokyo (2010). (Paper)

学会誌解説、商用誌

  • 橋田浩一, 武田英明, 長尾確, 小橋康章ソーシャルeサイエンスと総合学術オントロジー, 人工知能学会誌, Vol. 25, No. 4, pp. 581-588 (2010-07-01).
  • 武田英明日本におけるLinked Data の現状と普及に向けた課題, 情報処理, Vol. 53, No. 3, pp. 326-333 (2011).

招待講演など

  • H. Takeda: Open Access and Dissemination of Scholarly Information in Japan, in 2010 Open Access Korea(OAK) Conference, pp. 59-82, Seoul, Korea (2010). (Slide)
  • H. Takeda: The key for the Information Society - the Information Cycle: Create, Publish and Share, in The First International Workshop on Semantic Web, Mobile Web, and Social Networks, KAIST, Daejeon, Korea (2010).
  • H. Takeda: Connecting Museums with Linked Data, in When Culture Encounters Internet Conference, Taipei (2010).
  • H. Takeda: Open Access and Dissemination of Scholarly Information in Japan, in The International Conference o fthe 40th Anniversary of Journal of Educational Media and Library Sciences, Taipei, Taiwan (2011).
  • 武田英明Linked Dataアプローチによる芸術情報統合の試み, シンポジウム「アーカイブから紡ぎ出される知」 東京藝術大学 芸術情報センター (2010). (Slide)
  • 武田英明日本におけるLinked Dataの課題とその解決への試み, JEITA 知識情報処理技術に関するシンポジウム「リンクするデータ、リンクするサービス」 電子情報技術産業協会 (2011).

学会口頭発表

  • 小出誠二, 武田英明RDF意味論とOWL意味論の統合, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 1E2-1, 長崎 (2010), 人工知能学会. (Paper)
  • 森近憲行, 濱崎雅弘, 亀田尭宙, 大向一輝, 武田英明機械学習とユーザ知識を用いたイベント情報の構造化, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 1D2-3, 長崎 (2010), 人工知能学会.
  • 丹英之, 大向一輝, 武田英明日本語リポジトリ「ことはぶ」の構築, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 2B1-2, 長崎 (2010), 人工知能学会.
  • 酒巻智宏, 大向一輝, 丹英之, 武田英明検索エンジンを用いた人名読みの推定, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 2C2-4, 長崎 (2010), 人工知能学会.
  • 亀田尭宙, 後藤孝行, 大向一輝, 武田英明, 相澤彰子写真への多種でリッチなメタデータの付与とその活用システム, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 2E2-3, 長崎 (2010), 人工知能学会.
  • 後藤孝行, 武田英明グルーピングによる情報構造化手法の提案, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 2G2-OS9-5, 長崎 (2010), 人工知能学会.
  • 井川一樹, 福原知宏, 藤井秀樹, 武田英明テレビ番組の視聴履歴と電子番組表を用いた番組推薦システムの構築と評価, 人工知能学会全国大会(第24回)論文集, No. 3C4-3, 長崎 (2010), 人工知能学会.
  • 嘉村哲郎, 加藤文彦, 大向一輝, 武田英明, 高橋徹, 上田洋Linked Open Dataによる多様なミュージアム情報の統合, 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 第 2010 巻, pp. 77-84 (2010). (Slide)
  • 深見嘉明, 小林巌生, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 大向一輝, 武田英明, 高橋徹, 上田洋Linked Dataとコミュニティ が拓くオープンガバメント, 情報社会学会 第3回知識共有コミュニティワークショップ (2010).
  • 深見嘉明, 小林巌生, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 大向一輝, 武田英明, 高橋徹, 上田洋Linked Open Dataによるボトムアップ型オープンガバメントの試み, デジタルドキュメント研究会 第79回研究会, 情報処理学会 (2011).
  • 後藤孝行, 塚田浩二, 濱崎雅弘, 武田英明RefleCam: 撮影/閲覧/リンク付けを一体化させたデジタルカメラ, インタラクション2011論文集, pp. 421-424 情報処理学会 (2011).
  • 嘉村哲郎, 加藤文彦, 大向一輝, 武田英明, 高橋徹, 上田洋LOD.AC: Linked Open Dataによるミュージアム情報の結合, 情報社会学会第3回知識共有コミュニティワークショップ (2010).
  • 松村冬子, 廣安知之, 三木光範, 佐々木康成, 大向一輝, 武田英明商品探索時におけるユーザの嗜好のモデルの変化の獲得, 情報処理学会研究報告 数理モデル化と問題解決研究報告(MPS), Vol. 2010, No. 20, pp. 1-6 (2010).
  • 小柴等, 相原健郎, 武田英明, 宮崎陽司, 中尾 敏康小西 勇介距離的なコストが情報閲覧および実行動に及ぼす影響 -e空間実現のための価値割引に関する研究-, 第9回情報科学技術フォーラム 講演論文集, Vol. 9, No. 4, pp. 97-104 (2010).
  • 相原健郎, 小柴等, 小田朋宏, 西中芳幸, 松原伸人, 武田英明行動ログを用いたユーザ特性の解析とその活用 - e空間実現のためのユーザ特性に関する研究 -, 第9回情報科学技術フォーラム 講演論文集, Vol. 9, No. 4, pp. 421-426 (2010).
  • 中尾敏康, 相原健郎, 小方靖, 田代光平, 小柴等, 宮崎陽司, 小西勇介, 武田英明, 佐々木憲二, 金山明換街なかソーシャル・ブックマーキングpin@clipピナクリ : e空間実現のためのサービス実証実験の全体像, 情報科学技術フォーラム講演論文集, Vol. 9, No. 4, pp. 417-420 (2010).

その他

  • 武田英明学術情報流通の現状, デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会 技術に関するワーキングチーム 第四回 発表資料 (2010). (Slide)
  • 武田英明学術情報流通の現状, 最先端学術情報基盤(CSI)委託事業報告交流会パネル (2010).

2009年度


著書 (分担執筆を含む)

  • M. Hamasaki, K. Eto, S. Kurniawan, T. Hope, H. Takeda and T. Nishimura: Online Content sharing, P. Zaphiris and C. S. Ang eds., Social Computing and Virtual Communities, chapter 7, pp. 151-178, Chapman & Hall (2010).

論文誌

  • A. Shakya, H. Takeda and V. Wuwongse: Community-driven Linked Data Authoring and Production of Consolidated Linked Data, International Journal on Semantic Web and Information Systems, Vol. 5, No. 3, pp. 23-48 (2009).
  • 小柴等, 相原健郎, 森純一郎, 小田朋宏, 星孝哲, 松原伸人, 武田英明記憶の想起と記録のためのライフログ・ブログ連携型支援手法の提案, 情報処理学会論文誌, Vol. 51, No. 1, pp. 63-81 (2010).
  • 濱崎雅弘, 武田英明, 西村拓一動画共有サイトにおける大規模な協調的創造活動の創発のネットワーク分析 -ニコニコ動画における初音ミク動画コミュニティを対象として-, 人工知能学会論文誌, Vol. 25, No. 1, pp. 157-167 (2010).
  • 松村冬子, 廣安知之, 三木光範, 佐々木康成, 大向一輝, 武田英明選好商品のクラスタリングに基づく嗜好の変化の検出, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, Vol. 3, No. 1, pp. 25-35 (2010).

国際会議

  • Y. Fukami, H. Takeda, I. Ohmukai and J. Kokuryo: Basic analysis for usage of social bookmarking services: distinct platform as a tool for information management, in The IFIP WG9.5 Virtuality and Society International Workshop on Images of Virtuality: Conceptualizations and Applications in Everyday Life, Athens, Greece (2009), IFIP. (Paper)
  • S. Koide and H. Takeda: Meta-circularity and MOP in common Lisp for OWL full, D. Verna ed., Proceedings of the 6th European Lisp Workshop, pp. 28-34, Genova, Italy (2009), ACM Press.
  • J. Mori, Y. Matsuo, H. Koshiba, K. Aihara and H. Takeda: Predicting Customer Models Using Behavior-based Features in Shops, G.-J. H. G. McCalla and F. P. M. Zancanaro eds., Proceedings of User Modeling, Adaptation, and Personalization,17th International Conference, UMAP 2009, Lecture Notes in Computer Science 5535, pp. 125-137, Trento, Italy (2009), Springer.
  • M. Hamasaki, H. Takeda, T. Hope and T. Nishimura: Network Analysis of an Emergent Massively Collaborative Creation Community -- How Can People Create Videos Collaboratively without Collaboration?, E. Adar, M. Hurst, T. Finin, N. Glance, N. Nicolov and B. Tseng eds., Proceedings of the Third International Conference on Weblog and Social Media (ICWSM-09), pp. 222-225, AAAI (2009).
  • M. Hamasaki and H. Takeda: Social Networks of an Emergent Massively Collaborative Creation Community - Case Study of Hatune Miku Movie on Nico Nico Douga, J. Breslin, U. Boj?rs, A. Passant and S. Fernandez eds., Proceedings of the Second Social Data on the Web workshop (SDoW2009), Washington DC (USA) (2009), (CEUR Workshop Proceedings Vol-520, ISSN 1613-0073).
  • I. Ohmukai and H. Takeda: CiNii: Bringing Linked Data to Japan's Largest Scholary Search Engine, S. Oh, S. Sugimoto and S. A. Sutton eds., DC-2009 International Conference on Dublin Core and Metadata Applications, pp. 137-138, Seoul, Korea (2009).

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

  • 武田英明設計情報の公開と共有, 設計工学, Vol. 44, No. 5, p. 294 (2009).
  • 武田英明Webにおけるアイデンティティとセマンティックスの表現と利用, 人工知能学会誌, Vol. 24, No. 4, pp. 512-518 (2009).
  • 小出誠二, 武田英明人工知能用言語Lispの今と将来, 人工知能学会誌, Vol. 24, No. 5, pp. 681-690 (2009).

招待講演など

  • H. Takeda: Web of Documents, Web of People and Web of Creativity, in Invited Talk, the First Workshop on Social Web and Interoperability, the Fourth Asian Semantic Web Conference,, Shanghai (2009). (Slide)
  • H. Takeda: A New Style of Creativity - From Web of Documents to Web of Creativity, in Asia-Pacific Culture Portals Summit (2010).
  • 武田英明Wikipediaと研究, セマンティックWebとオントロジー研究会(Wikimedia Conference in Japan技術セッション)招待講演 (2009). (Slide)
  • 武田英明Linked Dataの現状と日本の課題, セマンティックWebコンファレンス2010, 基調講演 (2010).

学会口頭発表

その他

  • 武田英明Wikimania2009報告, in Wikimedia Conference in Japan (2009). (Slide)
  • 武田英明寄付研究部門の活動概要報告, 第19回人工物工学コロキウム:東京大学人工物工学研究センター 価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 最終報告会 (2010).
  • 武田英明サービスからみる社会における価値創成, 第19回人工物工学コロキウム:東京大学人工物工学研究センター 価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 最終報告会 (2010).

2008年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

  • 鈴木聡, 森島泰則, 中村美代子, 槻舘尚武, 武田英明身体化エージェントの身体方向・登場位置がユーザに与える影響, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol. 20, No. 4, pp. 513-525 (2008). (Paper)
  • 濱崎雅弘, 松尾豊, 武田英明, 西村拓一ソーシャルマッチングのための紹介支援システムについての考察, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol. 20, No. 4, pp. 578-590 (2008).

国際会議

  • A. Shakya, H. Takeda and V. Wuwongse: StYLiD: Structure Your Own Linked Data, in International Conference on Weblogs and Social Media (ICWSM2008), pp. 220-221, Seattle, Washington (2008), Association for the Advancement of Artificial Intelligence. (Paper)
  • A. Shakya, H. Takeda and V. Wuwongse: StYLiD: Social Information Sharing with Free Creation of Structured Linked Data, in Proceedings of the Social Web and Knowledge Management Workshop (SWKM 2008), pp. 33-40, Beijing, China (2008), Located at the 17th World Wide Web Conference (WWW2008). (Paper)
  • H. Tan, I. Ohmukai and H. Takeda: QueReSeek: Community-Based Web Navigation by Reverse Lookup of Search History, in Proceedings of International Workshop on Information-explosion and Next Generatoin Search (INGS2008), in Conjunction with APWeb2008, April 26, 2008, Shenyang, China (2008).
  • F. Nazir and H. Takeda: Extraction and Analysis of Tripartite Relationships from Wikipedia, in 2008 IEEE International Symposium on Technology and Society (ISTAS 2008), Frederiction, New Brunswick, Canada, pp. 1-13, IEEE (2008).
  • M. Hamasaki, H. Takeda and T. Nishimura: Network Analysis of Massively Collaborative Creation of Multimedia Contents - Case Study of Hatsune Miku videos on Nico Nico Douga -, in First International Conference on Designing Interactive User Experiences for TV and Video (uxTV2008), pp. 165-168 (2008). (Slide)
  • A. Kimura, T. Fukuhara, I. Ohmukai and H. Takeda: Study on real world relations among humans and objects using a cellular phone and a barcode, in The 7th International Workshop on Social Intelligence Design (SID2008): Designing socially aware interactions, Universidad de Puerto Rico, San Juan, PR, December 3-5 (2008). (Paper)
  • J. Park, T. Fukuhara, I. Ohmukai, H. Takeda and S. goo Lee: Web content summarization using social bookmarks: a new approach for social summarization, in WIDM '08: Proceeding of the 10th ACM workshop on Web information and data management, pp. 103-110, New York, NY, USA (2008), ACM.
  • K. Takahashi, A. Sugiyama, Y. Shimomura, T. Tateyama, R. Chiba, M. Yoshioka and H. Takeda: Web-based knowledge database construction method for supporting design, T. Yamaguchi ed., Practical Aspects of Knowledge Management, 7th international Conference, PAKM 2008 Yokohama, Japan, Vol. 5345 of Lecture Notes in Computer Science, pp. 173-184, Springer (2008).
  • K. Takahashi, A. Sugiyama, Y. Shimomura, T. Tateyama, R. Chiba, M. Yoshioka and H. Takeda: Web-based knowledge database construction method for supporting design, in Proceedings of the 10th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services, pp. 575-578, Linz, Austria (2008).
  • A. Shakya, H. Takeda and V. Wuwongse: Consolidating User-defined Concepts with StYLiD, C. Bizer and A. Joshi eds., Proceedings of the Poster and Demonstration Session at the 7th International Semantic Web Conference (ISWC2008), Karlsruhe, Germany (2008), CEUR Workshop Proceedings, Vol. 401.
  • A. Shakya, H. Takeda and V. Wuwongse: Consolidating User-Defined Concepts with StYLiD, J. Dominque and C. Anutariya eds., Proceedings of 3rd Asian Semantic Web Conference (ASWC 2008), LNCS 5367, pp. 287-301, Bangkok, Thailand (2008).
  • T. Goto, H. Takeda and M. Yasumura: DashSearch: Desktop Widget based Desktop Search for Metadata Exploitation, in 21st ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST2008), pp. 37-38, Monterey, CA (2008).
  • F. Nazir, H. Takeda and A. Seneviratne: Comparison of Community Identification Techniques for Two-Mode Affiliation Networks Using Wikipedia Data, P. Kommers and P. Isaias eds., IADIS International Conference e-society 2009, Barcelona, Spain, Vol. 1, pp. 439-445 (2009). (Paper)

テクニカルレポート

  • J. Park, T. Fukuhara, I. Ohmukai and H. Takeda: Web Content Summarization Using Social Bookmarking Service, Technical Report NII-2008-006E, National Institute of Informatics (2008). (Paper)

学会誌解説、商用誌

  • 武田英明, 西村拓一, 松尾豊, 濱崎雅弘出会いの情報技術 —イベント空間の高度化—, 人工知能学会誌, Vol. 23, No. 4, pp. 461-467 (2008).
  • 濱崎雅弘, 武田英明初音ミク動画はどうやって作られたか? —ネットワーク分析による大規模な協調的・創発的創造活動の調査—, ユリイカ12月臨時増刊号 総力特集♪初音ミク—ネットに舞い降りた天使, Vol. 40, No. 15, pp. 114-124 (2008).
  • 武田英明Webが作る社会の新しいかたち ~共創型社会のプラットフォームとしての可能性~, 情報通信ジャーナル, Vol. 26, No. 12, pp. 44-45 (2008). (Paper)

招待講演など

学会口頭発表

その他

  • 松岡由幸, 村上存, 綿貫啓一, 門内輝行, 田浦俊春, 武田英明パネルディスカッション:「デザイン科学へのアプローチ」, 第18回 設計工学・システム部門講演会, 京都大学 (2008).
  • 松岡由幸, 村上存, 綿貫啓一, 門内輝行, 田浦俊春, 武田英明パネルディスカッション:デザイン科学の枠組み, デザインシンポジウム2008講演論文集, pp. 23-24 (2008). (Paper) (Slide)
  • 武田英明特集「サービスイノベーションのAI その2」にあたって, 人工知能学会誌, Vol. 23, No. 6, p. 713 (2008).

2007年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

  • 松岡有希, 坂本竜基, 伊藤禎宣, 大向一輝, 武田英明, 小暮潔マーキングを用いたソーシャルタギングの有効性に関する検証, 情報処理学会論文誌, Vol. 48, No. 12, pp. 3882-3892 (2007).

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

  • H. Takeda: Ontology for People -- Vagueness and Multiplicity --, M. Okada and B. Smith eds., Interdisciplinary Ontology, Proceedings of the First Interdisciplinary Ontology Meeting, pp. 69-76, Tokyo (2008), Open Research Centre for Logic and Formal Ontology, Keio University.
  • 武田英明Webの過去,現在,未来, 第8回AI若手の集い(MYCOM2007) 人工知能学会 (2007). (Slide)
  • 武田英明情報流通から知識流通へ ~情報・コミュニケーション活動基盤の提案~, 情報の価値化・知識化技術ワークショップ2007 情報の価値化・知識化技術協議会 (2007).
  • 武田英明人工物の価値と人,社会, 価値創成シンポジウム「人工物・価値・サービス」 東京大学 人工物工学研究センター (2007).

学会口頭発表

  • H. Takeda: Towards Building an Open Environment for Design Information, in Design Engineering Workshop - 7th IJCC Japan-Korea CAD/CAM Workshop -, pp. 92-96, Tokyo, Japan (2007).
  • H. Takeda: Possibilities and Technical Challenges in Information and Knowledge Infrastructure, in Global Innovation Ecosystem 2007 Workshop, Tokyo, Japan (2007). (Slide)
  • H. Takeda, S. Yamaguchi, S. Hara, D. Chiba, I. Ohmukai and R. Ichise: Social network analysis on overlapping multiple mailing -lists in a company, in International Sunbelt Social Network Conference (Sunbelt XXVII), Chandris Hotel Complex at Dassia Bay, Corfu Island, Greece (2007).

その他


2006年度


著書 (分担執筆を含む)

  • T. Washio, A. Sakurai, K. Nakajima, H. Takeda, S. Tojo and M. Yokoo eds.: New Frontiers in Artificial Intelligence: Joint JSAI 2005 Workshop Post-Proceedings, Vol. 4012 of Lecture Notes in Computer Science, Springer, Berlin, Heidelberg (2006).
  • R. Ichise, H. Takeda and K. Ueyama: Exploration of Researchers' Social Network for Discovering Communities, T. Washio, A. Sakurai, K. Nakajima, H. Takeda, S. Tojo and M. Yokoo eds., New Frontiers in Artificial Intelligence: Joint JSAI 2005 Workshop Post-Proceedings, Vol. 4012 of Lecture Notes in Computer Science, pp. 458 -- 469, Springer, Berlin, Heidelberg (2006). (Paper)
  • T. Washio, K. Satoh, H. Takeda and A. Inokuchi eds.: New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI 2006 Conference and Workshops, Vol. 4384 of Lecture Notes in Computer Science, Springer, Berlin, Heidelberg (2007).

論文誌

  • 濱崎雅弘, 松尾豊, 西村拓一, 武田英明, 中村嘉志学会支援システムにおける実世界指向インタラクション, 日本知能情報ファジィ学会論文誌, Vol. 18, No. 2, pp. 223-232 (2006).
  • 沼晃介, 平田敏之, 大向一輝, 市瀬龍太郎, 武田英明実世界コミュニティにおける情報共有環境の構築:学術会議における実装と運用, 日本創造学会論文誌, Vol. 10, (2006).
  • 沼晃介, 平田敏之, 大向一輝, 市瀬龍太郎, 武田英明学術会議における体験共有のための行動履歴に基づくWeblogシステム, 情報処理学会論文誌, Vol. 48, No. 1, pp. 85-97 (2007).

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

  • 大向一輝, 武田英明, 松尾豊リアルワールドとしてのWeb, 人工知能学会誌, Vol. 21, No. 4, pp. 403-409 (2006). (Paper)
  • 武田英明Webの進化と情報流通, 情報の科学と技術, Vol. 56, No. 11, pp. 509-513 (2006).
  • 武田英明Webの進化とエージェント,セマンティックWeb, 情報処理, Vol. 48, No. 3, pp. 229-235 (2007).

招待講演など

  • 武田英明Webインテリジェンス, 第52回 人工知能セミナー 知的システムの基盤技術 (2006). (Slide)
  • 武田英明価値創成イニシアティブがめざすもの −人工物から価値への道(スケッチ)−, 東京大学 人工物工学研究センター 価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 設立記念シンポジウム (2006).
  • 武田英明セマンティックWebとWeb2.0, INEROP2006 ワークショップ:Web環境の進化で変わる情報検索アーキテクチャ (2006).
  • 武田英明Webの進化:Web2.0とセマンティックWeb, 電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会(DE)第二種研究会チュートリアル「Web2.0時代のデータ工学」 (2006).
  • 武田英明セマンティックWebとWebの信頼性, 「情報セキュリティと人工知能(AI)の融合」シンポジウム (2006).
  • 武田英明Webの進化とエージェント, [パネル]エージェントの社会的インパクト, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006 (JAWS2006) (2006).
  • 武田英明パネル討論:理論と実際のコラボレーションは可能なのか?, 特別セッション(2):情報爆発時代における理論と実際, 情報処理学会第69回全国大会 情報処理学会 (2007).
  • 武田英明軽量セマンティックWebアプリケーション, 身近なところで役に立ち始めたセマンティックWeb, チュートリアル講演, 電子情報通信学会2007年総合大会 電子情報通信学会 (2007).

学会口頭発表

その他

  • 武田英明ISWC2006報告, セマンティックWebとオントロジー研究会第14回研究会 人工知能学会 (2006). (Slide)
  • H. Takeda: NII's Provision of Academic Resources, The 20th Japanese-German Panel on Information and Documentation (2006). (Slide)

2005年度


著書 (分担執筆を含む)

  • H. Takeda, Y. Fujimoto, M. Yoshioka, Y. Shimomura, K. Morimoto and W. Oniki: Tagging for intelligent processing of design information, in New Frontiers in Artificial Intelligence: Joint Proceeding of the 17th and 18th Annual Conferences of the Japanese Society for Artificial Intelligence, Lecture Notes for Computer Science, Springer (2005), (To appear).

論文誌

国際会議

  • H. Takeda and I. Ohmukai: Semblog Project, in Activities on Semantic Web Technologies in Japan, A WWW2005 Workshop (2005). (Paper) (Slide)
  • H. Takeda and I. Ohmukai: Building semantic web applications as information/knowledge sharing systems, M. Dzbor, H. Takeda and M. Vargas-Vera eds., End User Aspects of the Semantic Web, Colocated with ESWC 2005, Heraklion, Greece, Vol. 137 of CEUR Workshop Proceedings (2005).
  • R. Ichise, H. Takeda and K. Ueyama: Structure Mining for Intellectual Networks, in Workshop on Risk Management Systems with Intelligent Data Analysis, Colocated with JSAI2005 (2005). (Paper)
  • H. Takeda, , M. Yoshioka, Y. Shimomura, Y. Fujimoto, K. Morimoto and W. Oniki: An Architecture for Designers' Support Systems with Knowledge-embedded Documents, in The Fifteenth International Conference on Engineering Design (ICED 05), Melbourne (2005).
  • H. Muljadi, H. Takeda and K. Ando: Considering Designer's Intention for the Extraction of Manufacturing Feature, in Proceedings of 18th International Conference on Production Research (2005), (CDROM).
  • H. Muljadi, H. Takeda, J. Araki, S. Kawamoto, S. Kobayashi, Y. Mizuta, S. M. Demiya, S. Suzuki, A. Kitamoto, Y. Shirai, N. Ichiyoshi, T. Ito, T. Abe, T. Gojobori, H. Sugawara, S. Miyazaki and A. Fujiyama: Semantic MediaWiki: A User-Oriented System for Integrated Content and Metadata Management System, in Proceedings of the IADIS International Conference WWW/Internet 2005, Vol. II, pp. 261-264 (2005).
  • H. Muljadi and H. Takeda: Semantic Wiki as an Integrated Content and Metadata Management System, in Poster & Demonstration Proceedings of the 4th International Semantic Web Conference (2005).
  • H. Muljadi, H. Takeda and K. Ando: Development of a Wiki-based Feature Library for a Process Planning System, in Proceedings of the 7th International Conference on Enformatika Systems Sciences and Engineering (2005), (CDROM).
  • I. Ohmukai, M. Hamasaki and H. Takeda: A Proposal of Community-based Folksonomy with RDF Metadata, in Proceedings of the ISWC 2005 Workshop on End User Semantic Web Interaction (2005), (available as CEUR Workshop Proceedings Vol.172).
  • R. Ichise, H. Takeda and K. Ueyama: Community Mining Tool using Bibliography Data, in Proceedings of the 9th International Conference on Information Visualization, pp. 953-958 (2005).
  • H. Uematsu, K. Numa, M. Hamasaki and H. T. Ikki Ohmukai: Communication Support with Location-based Information, in Poster Proceedings of The 2005 International Conference on Active Media Technology (AMT2005) (2005).
  • K. Numa, T. Hirata, I. Ohmukai, R. Ichise and H. Takeda: Action-oriented Weblog to Support Academic Conference Participants, in IADIS International Conference on Web Based Communities 2006 (WBC2006) (2006).
  • K. Numa, H. Takeda, H. Uematsu, T. Nishimura, Y. Matsuo, M. Hamasaki, N. Fujimura, K. Ishida, T. Hope, Y. Nakamura, S. Fujiyoshi, K. Sakamoto, H. Nagata, O. Nakagawa and E. Shinbori: A Weblog Grounded to the Real World, in AAAI-2006 Spring Symposium on Computational Approaches to Analyzing Weblogs (CAAW) (2006).

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

  • 武田英明メタデータを用いたコミュニケーション支援, 第20回 AIシンポジウム — 実用化に向けて動き始めたセマンティックWeb — 人工知能学会 (2005). (Slide)
  • 武田英明社会ネットワークを用いたコミュニティ支援, 平成17年度 サイバーアシストコンソーシアム シンポジウム (2005).
  • 武田英明Semantic Webの最新技術, 電気四学会関西支部 専門講習会論文集「XML関連技術の最新動向 — Semantic Webを中心に —」 電子情報通信学会関西支部 (2006).
  • 武田英明ユビキタス技術を用いたコミュニケーション支援システム, 第21回環境システムシンポジウム 土木学会・環境システム委員会 (2006).

学会口頭発表

  • T. Nishimura, Y. Matsuo, M. Hamasaki, N. Fujimura, K. Ishida, T. Hope and Y. Nakamura: Ubiquitous Community Support System for UbiComp2005, in Third Invited Demo, The Seventh International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2005), Tokyo, Japan (2005).

その他

  • 武田英明ブログ ~ 情報発信する人々はインターネットをどう変えるか~, NII市民講座「8語で論じる情報学」 (2005). (Slide)
  • 武田英明メディアとしての知識, 人工知能学会誌, Vol. 20, No. 3 (2005).
  • 武田英明ユビキタス技術による会議支援システムを開発, 報道発表 (2005), 9月8日.
  • 武田英明着任の辞, RACE News, No. 14 (2006).
  • 武田英明, 藤井信忠価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門のビジョン, 東京大学人工物工学研究センター 価値創成イニシアティブ(住友商事)寄付研究部門 設立記念講演会 (2006).

2004年度


著書 (分担執筆を含む)

  • M. Matsuda, E. Arai, N. Nakano, H. Wakai, H. Takeda, M. Takata and H. Sasaki: An Interoperability Framework and Capability Profiling for Manufacturing Software, No. 168, in IFIP International Federation for Information Processing, pp. 269-276, Springer (2005).

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

  • H. Takeda: Semantic Web: A Road to the Knowledge Infrastructure on the Internet, New Generation Computing, Vol. 22, No. 4, pp. 395-413 (2004).
  • 武田英明, 大向一輝Weblogの現在と展望−セマンティックWebおよびソーシャルネットワーキングの基盤として−, 情報処理, Vol. 45, No. 6, pp. 586-593 (2004).

招待講演など

  • 武田英明RSSによる情報流通, 第51回新聞製作講座, 日本新聞協会 (2004). (Slide)
  • 武田英明Semantic Web: 人と機械のコミュニケーションの仕組みとしてのWeb, 平成16年度 千葉県先端情報技術活用研究会 第2回次世代インターネット分科会, 財団法人千葉県産業振興センター (2004).

学会口頭発表

その他

  • 奥村学, 武田英明, 津田宏, 宮川達彦, 伊藤直也パネル討論「Weblogがもたらす新たな自然言語処理の展開」, JEITA 自然言語処理技術に関するシンポジウム2004 社団法人 電子情報技術産業協会 (2004). (Slide)
  • 武田英明Semblogプロジェクト, セマンティックWebコンファレンス2005 慶應義塾大学SFC研究所, 財団法人 情報処理相互運用技術協会(INTAP) (2005).
  • H. Takeda, I. Ohmukai and M. Hamasaki: Towards Community Web or yet another CSCW (Community-Supported Creative Web), Presented at INTAP Committee on April 8th (2004). (Slide)
  • H. Takeda: Bottom-up approach of light-weight ontologies, in Interdisciplinary Meeting on Ontology, Tokyo, Japan (2004), Keio University.

2003年度


著書 (分担執筆を含む)

  • 武田英明知識共有のためのエージェントとオントロジー, 大澤幸生(編), 知識マネージメント, pp. 159-169, オーム社 (2003).

論文誌

  • 寺田和憲, 中村恭之, 武田英明, 小笠原司視覚を有するエージェントのための身体性に基づく内部表現獲得手法, ロボット学会誌, Vol. 21, No. 8, pp. 65-73 (2003).
  • 濱崎雅弘, 武田英明, 大向一輝, 市瀬龍太郎学術会議における共有型スケジューリング支援システムの開発と運用, 日本データベース学会Letters, Vol. 2, No. 4, pp. 7-10 (2004).

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他

  • 武田英明Semantic Webと認知科学オントロジー, 認知科学オントロジー, 日本認知科学会第20回大会 (2003). (Slide)
  • H. Takeda: Community as a New Communication Layer in the Internet, in Workshop on (Virtual) Community Informatics: Support for Local and Virtual Communities, Held in conjunction with the Twelfth International World Wide Web Conference (2003). (Slide)
  • H. Takeda: Shifting ICT to ICA - Towards Information and Communication Activity Navigation -, in The 2nd NII Open Forum on Infomatics, Tokyo (2003), National Institute of Informatics.

2002年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

  • 武田英明Semantic Webとオントロジーの課題, セマンティックウェブとオントロジー研究会, 東京 (2002), 人工知能学会. (Slide)
  • 武田英明日常世界のためのWeb, システム制御セミナー2002「人間と機械のコラボレーションを実現するための技術」, pp. 45-52, 大阪 (2002), システム制御情報学会.
  • 武田英明Semantic Webとオントロジー:現状と課題, ACM SIGMOD日本支部 講演会「トピックマップとセマンティックウェブ」, 東京 (2002).
  • 武田英明セマンティックWebの方向性と課題, 自然言語処理技術に関するシンポジウム2002, 東京 (2002), 電子情報技術産業協会.

学会口頭発表

その他

  • 武田英明論文特集「Webインテリジェンス」にあたって, 人工知能学会誌, Vol. 17, No. 3, p. 345 (2002).
  • 武田英明研究室紹介: 国立情報学研究所, 人工知能学会誌, Vol. 17, No. 3, p. 375 (2002).
  • 武田英明(司会), 小倉弘敬, 萩原正義, 浦本直彦, 秋藤俊介, 和泉憲明パネル討論「セマンティック・WEB・サービス」, 情報処理学会 第65回全国大会 (2003).
  • 橋田浩一, 山口高平, 横井俊夫, 内田裕士, 武田英明パネル討論「セマンティックWEBの次に来るもの」, 情報処理学会 第65回全国大会 (2003).

2001年度


著書 (分担執筆を含む)

  • T. Nakamura, H. Takeda, T. Terada, M. Oohara, T. Yamamoto, and M. Takeda: The RoboCup-NAIST, P. Stone, T. Balch and G. Kraetszchmar eds., RoboCup-2000: Robot Soccer World Cup IV, pp. 591-594, Springer Verlag, Berlin (2001).
  • 武田英明(編): 第10回マルチエージェントと協調計算ワークショップ論文集, 日本ソフトウエア科学会研究会シリーズ日本ソフトウエア科学会 (2002).

論文誌

国際会議

  • T. Takahashi and H. Takeda: TelMeA: An Asynchronous Community System with Avatar-like Agents, in Human Computer Interaction INTERACT '01, pp. 190-197, Tokyo (2001).
  • R. Ichise, H. Takeda and S. Honiden: Rule Induction for Concept Hierarchy Alignment, in Proceedings of the IJCAI-01 Workshop on Ontology Learning (OL-2001), pp. 26-29, Seattle (2001), (also available at CEUR Workshop Proceedings Vol-38 http://sunsite.informatik.rwth-aachen.de/Publications/CEUR-WS/Vol-38/). (PDF)
  • R. Ichise, H. Takeda and S. Honiden: Automated Alignment of Multiple Internet Directories, in Poster Proceedings, The Tenth International World Wide Web Conference, pp. 194-195, HonKong (2001).
  • H. Takeda, M. Yoshioka and T. Tomiyama: A General Framework for Modeling of Synthesis -- Integration of Theories of Synthesis --, in 13th International Conference on Engineering Design -- ICED 01, Design Research -- Theories, Methodologies, and Product Modelling, pp. 307-314, Glasgow (2001). (Slide)
  • A. Tsumaya, Y. Nomaguchi, M. Yoshioka, H. Takeda, T. Murakami and T. Tomiyama: Verification of a Model of Synthesis -- The Methods for Verification and Results, in 13th International Conference on Engineering Design -- ICED 01, Design Research -- Theories, Methodologies, and Product Modelling, pp. 229-236, Glasgow (2001).
  • A. Ueno, H. Soeda, H. Takeda and M. Kidode: STNS-R: A learning method for seamless transplantation from a virtual agent to a physical robot, in The 2001 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2001) (2001).
  • M. Hamasaki and H. Takeda: Experimental Results for a method to discover of human relationship based on WWW bookmarks, N. Baba, L. C. Jain and R. J. Howlett eds., In Proceedings of Fifth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Thchnologies (KES-2001), Vol. 2, pp. 1291-1295, Osaka (2001), IOS Press.

テクニカルレポート

  • R. ICHISE, H. TAKEDA and S. HONIDEN: An Alignment Algorithm between Concept Hierarchies, Technical Report NII-2001-001E, National Institute of Informatics, Tokyo, Japan (2001).

学会誌解説、商用誌

招待講演など

  • 武田英明人工知能におけるオントロジーとその応用, 情報知識学会 第9回研究報告会講演論文集, pp. 1-12 (2001). (Slide)
  • 武田英明デジタル知識のマネージメント, 第2回 人工物工学コロキウム「デジタル価値工学を目指して− コンテンツのカスタム化」 東京大学人工物工学研究センター (2001).
  • 武田英明Semantic Web: 人と機械のコミュニケーションの仕組みとしてのWeb, 連続セミナー2001 -21世紀のネットサービス社会- 「コンテンツ流通サービス」, pp. 43-68 情報処理学会 (2001). (HTML) (PDF)
  • 武田英明Semantic Webの目標と現状, サイバネティック・フレキシブル・オートメーション(CFA)研究分科会第5回例会「次世代生産システムを支える新技術の動向」 システム制御情報学会 (2001).

学会口頭発表

その他

  • 武田英明モノ、ロボット、AI、ヒト ~ 石塚満, 武田英明, 神嶌敏弘, 映画「A.I.」をめぐって, 人工知能学会誌, Vol. 15, No. 5, pp. 712-716 (2001).
  • 武田英明パネルディスカッション「ロボットデザイン:人間社会への参加と共存」チェア:武田英明, パネリスト:山羽和夫, 柳原望, 人工知能学会サマースクール 人工知能学会 (2001). (Slide)
  • 武田英明モノ、ロボット、AI、ヒトそしてAIの二つのビジョン, 企画パネル「AIの夢と現実 ~スクリーンのなかのAI~」, 2001年ソサイエティ大会 電子情報通信学会 (2001).
  • 岡田光弘, 溝口理一郎, 加地大介, 武田英明ワークショップ:フォーマル・オントロジーの工学と哲学──オントロジー工学の現在とその哲学的源泉, 日本科学哲学会第34回(2001年)大会 (2001).
  • 北村泰彦, 浦本直彦, 武田英明, 須栗裕樹パネル討論「インターネット情報統合におけるエージェント技術の展望と課題」, 連続セミナー2001 -21世紀のネットサービス社会- 「コンテンツ流通サービス」 情報処理学会 (2001).
  • 武田英明Semantic Webと知識コミュニティ, 平成13年度第4回生産経営知識学専門委員会 精密工学会 (2001).

2000年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


1999年度


著書 (分担執筆を含む)

論文誌

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

その他


1998年度


著書 (分担執筆を含む)

  • T. Nishida, H. Takeda, M. Iwazume, H. Maeda and M. Takaai: The Knowledgeable Community: Facilitating Human Knowledge Sharing, T. Ishida ed., Community Computing: Collaboration Over Global Information Networks, chapter 5, pp. 127-164, John Wiley & Sons (1998).
  • H. Takeda, A. Tsumaya and T. Tomiyama: Synthesis Thought Processes in Design, H. Kals and F. van Houten eds., Integration of Process Knowledge into Design Support Systems, pp. 249-258, Kluwer Academic Publishers (1999).

論文誌

  • Y. Nishibe, H. Waki, I. Morihara, F. Hattori, T. Ishida, T. Nishimura, H. Yamaki, T. Komura, N. Itoh, T. Gotoh, T. Nishida, H. Takeda, A. Sawada, H. Maeda, M. Kajihara and H. Adachi: Mobile Digital Assistants for Community Support, AI Magazine, Vol. 19, No. 2, pp. 31-49 (1998).
  • Y. Shimomura, M. Yoshioka, H. Takeda, Y. Umeda and T. Tomiyama: Representation of design object based on functional evolution process model, Journal of Mechanical Design, Vol. 120, No. 2, pp. 221-229 (1998).
  • 鷹合基行, 武田英明, 西田豊明協調設計作業を実現するための設計者支援環境, 電子情報通信学会論文誌, Vol. J81-D-I, No. 5, pp. 488-495 (1998).
  • 鷹合基行, 武田英明, 西田豊明GuardNet: マルチエージェント系のコミュニケーション機構の 分散開発・実行環境, システム制御情報学会論文誌, Vol. 11, No. 10, pp. 529-537 (1998).
  • 前田晴美, 梶原史雄, 足立秀和, 沢田篤史, 武田英明, 西田豊明弱い情報構造を用いたコミュニティの情報共有システム, システム制御情報学会論文誌, Vol. 11, No. 10, pp. 568-575 (1998).
  • 石田亨, 西村俊和, 八槇博史, 後藤忠広, 西部喜康, 和氣弘明, 森原一郎, 服部文夫, 西田豊明, 武田英明, 沢田篤史, 前田晴美モバイルコンピューティングによる国際会議支援, 情報処理学会論文誌, Vol. 39, No. 10, pp. 2855-2865 (1998).

国際会議

テクニカルレポート

学会誌解説、商用誌

招待講演など

学会口頭発表

  • 近野真智子, 塩手良知, 吉永純一, 武田英明体系化された知識に基づく工程設計支援システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会'98 (1998).
  • 武田英明, 西田豊明知識コミュニティプロジェクト(第5報) --- コミュニティ知識の形成支援を目指して ---, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 276-279 (1998).
  • 寺田和憲, 武田英明, 西田豊明視覚と触覚の統合に基づく移動ロボットの環境への適応, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 220-223 (1998).
  • 片山顕正, 内田恵久, 武田英明, 西田豊明人間との共有知識に基づくロボット行動の実現, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 228-231 (1998).
  • 鷹合基行, 川井拓摩, 原田泰吉, 武田英明, 西田豊明機能表現に基づくWWWからの未知単語の概念の抽出方法につ いて, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 264-267 (1998).
  • 高橋徹, 武田英明, 西田豊明ミーティング型情報共有支援環境, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 439-442 (1998).
  • 望月恒治, 下倉雅行, 上野敦志, 武田英明, 西田豊明フォールトトレランスを考慮した人間とロボットの協調系の構築, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 558-561 (1998).
  • 花川賢治, 武田英明, 西田豊明情報の共有と再利用のための文書の分解と再構成, 人工知能学会全国大会(第12回)論文集, pp. 644-647 (1998).
  • 中村恭之, 寺田和憲, 柴田篤志, 岩瀬昌治, 森本淳, 足立秀和, 武田英明ロボットサッカー研究のための安価な視覚移動ロボットの開発, 第3回ロボティクス・シンポジア, pp. 31-36 (1998).
  • 中村恭之, 寺田和憲, 柴田篤志, 森本淳, 足立秀和, 武田英明ロボットサッカー研究のための安価な視覚移動ロボットの開発, 第3回JSMEロボメカ・シンポジア, pp. 89-91 (1998).
  • 岡孝明, 武田英明, 西田豊明人の集団とロボットとのノンバーバルコミュニケーション の実現法の提案, 第16回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp. 397-398 (1998).
  • 武田英明インターネットにおける情報の知的利用 -情報収集から情報 統合へ-, 専門講習会講演論文集「インターネットの最新技術と 家庭への浸透」, 電子情報通信学会関西支部 (1998).
  • 福原知宏, 武田英明, 西田豊明統計情報と概念知識を用いたテキスト間の話題特定, 電子情報通信学会技術研究報告, 第 98 巻, pp. 1-8 (1999), 電子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会/情報処理学会第 115回「知能と複雑系」研究会共催.
  • 高橋徹, 武田英明, 西田豊明Interface Agentを用いたテレコミュニケーション支援システム, インタラクション '99 論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.99, No.4, pp. 97-104 情報処理学会 (1999).
  • 武田英明シンセシスのための知識論(第1報) --経験的知識の表現--, 1998年度精密工学会秋季大会講演論文集 (1998).
  • 望月恒治, 上野敦志,